2007年01月25日

ついに。

最近はもうさすがに卒論でバイトに入っている余裕なんてなくて、全然入ってなかったんですけど、一応籍だけは残してあるんで先日かなり久しぶりに入ったんです。



その日は店長ともう一人のバイトさんと働いてたんですけど、終わった後もう一人のバイトさんは先に帰宅し、僕と店長と二人になったんです。
その時おもむろに店長が


「グラス君知らんかもしれないけど、○○君(副店長です)もうすぐやめるからねえ」



ああ、ついにこの日が来たかと思った。
副店長が辞めたがってたのは知ってたんですよ。
でも、副店長は店長のことを心から慕っていたから辞めてなかったんです。
前から「店長の下で働けんなら辞める」とは言ってました。
で、ついに副店長に異動の指示が下ったらしいです。
で、店長の下で働けなくなった副店長は辞める事を決心したと。



辞めるといってたといっても、うちの店は店長も店が発足してから変わってませんし、副店長もずっとこの店にいると思ってた。
でもそうはいかないんだね。
状況は変わる。



うちの店を辞めて新しい夢を追える事を喜ぶべきなのかもしれない。
でもさ、寂しいんだよ。
店に遊びに行ってももう副店長はいてくれないことが。



このブログを前からみて下さっている方は分かるでしょうけど、副店長は本当に良くしてくれて、恋愛の相談もいつも副店長にしてたし、仕事でもいつも助けてもらってたし、落ち込んだ時は飲みに連れて行ってもらったり、本当に感謝しても仕切れないくらいなんです。
色んな事を副店長から学んだし、副店長がいなかったら今の自分もいない。



意図せずも一緒にミ○ドを卒業することになってしまいましたが、最後に感謝の気持ちはきっちり伝えたいと思います。
それが出来なかったら一生後悔する気がする。

あぁ… クリックお願いしますexclamation×2
posted by グラス at 02:49| Comment(0) | TrackBack(0) | バイト先にて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32061592

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。