2006年11月09日

「天子の卵」。

はい、ということで天使の卵も見てきました。



まあ正直市原隼人はどうでもいいんですが女性キャスト二人が個人的に結構熱いし、ストーリーも面白そうなので期待してました。
もしかしたら「涙そうそう」よりも期待してたかもしれない。



だけど、正直感想は「微妙」って感じですふらふら



本を読んだ人は面白かったといってたので多分映画の構成の問題だと思うんですけど、展開が早すぎて市原隼人が単なる女を乗り換えた軽い男のように思えてしまうんですね。
これじゃあ感情移入も共感も感動も出来ないしあせあせ(飛び散る汗)
終わり方もなあ、セオリーどおりって感じですしね。



ちょっと期待はずれって感じですバッド(下向き矢印)

こにたんはかわいいけども クリックお願いしますexclamation×2
posted by グラス at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

「涙そうそう」。

ずっと見たかったんですけど、ようやく見れました。
「涙そうそう」。
これでこのバイトさんとの約束が果たせましたわーい(嬉しい顔)



いや、良かったわ。
友人の間では結構賛否両論だったんですけど、僕はとっても面白かったです。
最後は泣いてしまいました。
あの最後は卑怯やわ。
まあ正直台風のシーンの時は「どんなスーパーにいにいやねん」と心の中で突っ込んでしまいましたがあせあせ(飛び散る汗)
うん、でも面白かった。



連続で天使の卵も見たんですけどその感想はまた明日。

やっぱ長澤まさみはかわええ クリックお願いしますexclamation×2
posted by グラス at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

今度こそ「LIMIT OF LOVE 海猿」。

今日はちゃんと見れましたよわーい(嬉しい顔)
といってもついた時にはチケット売り場に人がもの凄く並んでいたんですけど、昨日のうちに先売りのチケットを買ってたので並んでいる人たちを尻目に悠々と入場です。
自分のファインプレイに酔いました、珍しく(笑)
まあ今日は何がなんでも見たかったしね。



で、感想なんですけど、ヤバイ。
マジ名作。



海猿の最終作としてこれ以上にないくらいふさわしいものになってると思います。
もちろんこれ単体でも感動できるんですけど、終わりころに過去のシーンが回想みたいな形で流れる部分があって映画もドラマも見た僕はここでかなりキちゃいましたもうやだ〜(悲しい顔)
まあこの絵文字みたいに泣いてはいませんけど(笑)
でもかなりウルんでたと思います。
一緒に見に行った子はクスンクスン泣いてました。
終わった後思わず顔合わせて「エヘヘ」って笑っちゃいましたもん。



トリックも面白かったですけど、LIMIT OF LOVE 海猿は個人的にかなりのヒットでした。
もしかしたら僕映画ランキングでトップかも知れません。

どうせなら派手に泣きたかった気もする クリックお願いしますexclamation×2
posted by グラス at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

「LIMIT OF LOVE 海猿」のはずが 「トリック劇場版2」。

ども、グラス君からグラスきゅんへ昇格したグラスです。
こんにちは。



昨日映画見に行こうとしたんですよ。
海猿を。
で、実際見に行ったんですがその映画館は指定席制でチケット売り場の上に空席状況を写すスクリーンがあるんですけどそこをちらりと見てみたら×の文字が…。
上映開始からからもう大分経ってたのでまさかこんな事になるとは思ってなくてかなりショックでしたけど仕方ないので、せっかく来たからと言うことでトリック見てきました。



まあ良くも悪くも定番の流れで、相変わらず小ネタの塊で。
ここまで突っ込みどころ満載の作品って珍しいと思います。



これでトリックって最後なんですよね。
ちょっと惜しい気がしますね。
なんも考えずにクスッと笑えるシリーズだと思うんで。
実際僕もプって笑っちゃったところが何回もありましたし、一緒に行った子も笑ってましたしね。
周りからも聞こえてきました。
あくまで「アハハハハ」じゃないんですよね。



あーでも海猿みたかったなあ。
最寄りの映画館ではもうすぐ上演が終わってしまうようなので見に行けるか分かりませんが、都合が合えば絶対見に行きたいと思います。
今度は事前にチケットを買って是非exclamation×2

よろしくね! クリックお願いしますexclamation×2
posted by グラス at 13:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

「ゴール!」

見てきました。
ジダンやベッカムなどが出演していて話題になったアレですね。



ストーリーとしては非常にベタでしたね。
いわゆるサクセスストーリーの定番というか。
正直ストーリーだけだったら平凡な作品でしょう。



だけど、サッカーが舞台の作品で実際のチーム、選手が出てくることで(特にヨーロッパの)サッカーファンには面白い作品になっているのではないかと。
リバプールのベニテス監督が出てきた時には感動しましたもん。
まさか監督まで出てくるとはって。
今回はベッカムやジダンやラウルはチョイ役だったのですが、シアラーが所々主人公に絡んできてたり。



そういった意味でヨーロッパの有名な選手を知らないW杯の影響で発生したにわかファンには向かないでしょうし、万人向けではないかな。



これ、三部作の一部目なんですが個人的にはこれで終わりにしといた方がいいんじゃないかなと思ったり。
これ以上物語を広げると泥臭くなりはしないかなと思うわけです。
実際泥臭い伏線がありましたしね。
まあレンタルで出たら見るかもってとこです。



そういえばこれを見た時劇場はがらがらだったんですが、前の方に日本代表のユニフォームを着たおっさんが座ってました。
やっぱりマニア向けの作品って事なのかもしれませんね。

バロシュがリバプールにいました クリックお願いしますexclamation×2
posted by グラス at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

「県庁の星」。

やっと見てきました。
ずっと見たいと思ってたんだけど、友達が僕の知らない間に見に行っちゃってて見る機会がなかったんだよね。
で、今日たまたま暇だった友達が見てなくったので見に行ってきました。
もうすぐ近くの映画館では上演終了だったのでギリギリセーフでした。



もう結構前からやってる映画なのに結構お客さんが入ってました。
まあこの辺はさすが話題作ってやつだね。
一応ネタバレがないように感想を書くと、柴咲コウ足細いなあじゃなくって、なかなか良かったなあと。
公務員組織とスーパーってどっちも地味な世界じゃん。
どっちかというと。
でもそれが結びつくこととキャストの豪華さによって全然退屈な印象はなかった。
派手にインパクトのあるような展開でもなかったけどね。



展開に無理はあったけどねえ。
まあそれはしゃあないかなと。
リアルにしすぎると全然面白くなさそうだし。



みといて良かったと思える作品だったと思います。

予告やってた海猿は見に行かなきゃ クリックお願いしますexclamation×2
posted by グラス at 23:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

「容疑者 室井慎次」をみた。

そうです、今日はあの「踊る〜」系の「容疑者 室井慎次」をみて参りました。

まだ上映開始されたばかりなのでネタバレになるようなことは書きませんが、とりあえず面白かった。

前回の「交渉人 真下正義」は結構単純明快だったじゃない。真下を狙う犯人と真下の対決って言う単純な舞台で。その中でドキドキ感を味わうみたいな。

でも「容疑者 室井慎次」は重いです。爽快感と言うよりは感動に近いのかな。大人、しかも官僚独特のドロドロ感が全面に出てて。

うん、これ以上言いませんが踊る〜系嫌いじゃない人はみるべきだと思います。

さて、僕がこの映画で気づいたのが田中麗奈のかわいさ。僕はこれまで田中麗奈を何とも思ってなかったのですが、かわいいね。いや、綺麗になったという方が適切かな。ちょっとほおがこけすぎかなとは思ったけど。

映画終わった後に友達と話した会話の一部分。「あの危ない奴もかわいかったね。」

その意味を知りたい人は映画館へ急げexclamationそういう楽しみ方もいいんじゃない?

大学生ブログランキング クリックお願いしますexclamation×2
posted by グラス at 20:16| Comment(4) | TrackBack(5) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

一人寂しく。

今日はバイトが休みだったんですが、副店長が、貸してくれた、「Mr.インクレディブル」で、とても、ジョイフルに、過ごせました。

ええ、泣きそうです。

昨日バイト終わってから友達10人近くに声を掛けたのですが皆そろいも揃って予定がありやがんの。仕方ないので家に引きこもってました。

で、「Mr.インクレディブル」の感想。

ストーリーは簡単に言うと不思議な力を持っているスーパーヒーローが社会から疎まれるようになり、隠れて一般人として過ごしていたところ、スーパーヒーローにあこがれる発明者の陰謀に巻き込まれるという感じなんですが、うん、普通に面白かったです。

もちろんヒーロー物なのでアクション主体なんですが全体的にコミカルで個性もはっきりしてるキャラ達だったので、面白さもあり爽快感もありってかんじでした。

声を出して笑いながら見てしまったのですが、見終わった後に声優を見たら豪華なんだ、これがまた。

一番驚いたのが娘役の綾瀬はるか。全然分からなかった。もう一回娘の声を聞いてみても全然ピンと来なかった。シンドローム役の宮迫は結構わかりやすかったですけどね。

ま、副店長お薦めの映画だけあって面白かったです。

明日は友達と映画館に映画を見に行きます!よかった、予定が立って…。

大学生ブログランキング クリックお願いしますexclamation×2
posted by グラス at 22:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

戦国自衛隊1549。

ということで今日見てまいりました。

前に「交渉人 真下正義」を見た際に予告編が流れておりまして、これはアツイと思ったのですが、なかなか見に来れず、終わり間際になった今日になってようやく見に行けました。

うん、普通に面白かったですよ。ちょっと流れに無茶なところはありますが、そこはご愛敬。何かを考えさせられる部分はあまりないんですが、単純に熱くなって楽しめる映画だと思います。

キャストも豪華ですしね。ただ江口洋介VS伊武雅刀というのが「白い巨頭」を思い出させたり、斎藤道三役の伊武雅刀が今年のテレ東の長時間ドラマに全く同じ感じで斎藤道三役で出てきたので、お濃役の綾瀬はるかがお濃に見えず、菊川怜が出てくるのを待ってしまうというのが欠点でしょうか。ていうか斎藤道三はそのまま過ぎです。かつらとか全く同じなのではないでしょうか。まあ欠点でありながら楽しめた面でもありますが。

決して見て損したと思うような映画ではないので、レンタルもすぐにされると思うので見てない方は見てみてはいかがでしょうか。

人気blogランキングをチェック!

posted by グラス at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。